SOJ について

member

選ばれし「声」達が奏でる、究極のサウンド
 Sound Of Joy / A Cappella Project
ゴスペルやスピリチャルを中心にPop・Rock・R&B・日本語の曲等
幅広いレパートリーを持ち、10人のメンバーそれぞれがソロをとる
アカペラ(無伴奏)・コーラス・グループです。
 
リーダーの淡野保昌はCM・ドラマの作曲編曲の他ヴォイストレーナーとして
多くのアーティストを輩出し、日本のゴスペルブームの火付け役とも言われ
ゴスペルの世界を根付かせた先駆者の一人として知られています。
近年ではNHKBS「Amazing Voice 驚異の歌声」にも出演しています。
 
『Sound Of Joy』としてこれまでに3枚のCDをリリースしており、
コンサートやライブ活動はもちろん、学校音楽鑑賞会・ホーム慰問
企業や地域コミュニティーのイベント・ディナーショー等、たくさんの方に
音楽の楽しさと大きな愛を届けるべく東奔西走しています。 
 

Profile - プロフィール

淡野 保昌(あわの やすまさ) Bass(ベース)
Yasumasa Awano
CM、ドラマの音楽の作曲編曲の他、
ヴォイストレーナーとして多くのアーティストを輩出。
 
180名からなるゴスペルクワイア
「Gospel Tokyo」を主宰し、日本のゴスペルブームの
火付け役と言っても過言ではない。
 
現在、新宿、銀座、藤沢、水戸等の
ゴスペル教室レッスンに、東奔西走の毎日である。
 
「ゴスペルレパートリー1〜4」
「ディズニーをゴスペルで」 
「クリスマスソングをゴスペルで」
「ビートルズをゴスペルで」
「Do The Gospel」等著書多数。
 
 
 
 
 
 
 
 
副田 宣好(そえだ のぶよし) Baritone(バリトン)
Nobuyoshi Soeda
The Beatles/B.Springsteen/Tom Waits
Bob Dylan等、多大な影響を受け、90年単身アメリカに
音楽武者修行の旅に出る。
Rock/Blues/R&Bなど、色々な音楽を演奏、吸収して
帰国後、淡野氏の立ち上げたGospel Tokyoに参加
Gospel音楽にも強く魅了され、師の勧めもあり
YAMAHAの講師に。 
 
S.O.J.の活動の他、自身のオリジナル曲や
Blues,Rock,R&Bの曲などを中心とした
「Good Times Rolling Band」などでも
幅広く活動している。 
「Thank You」は一聴の価値あり。
 
現在YamahaのGospel講師として、
ヤマハミュージックアヴェニュー池袋センター、
和幸楽器大宮店・越谷店、大井町シブヤ楽器、
東村山ムラコシ楽器でレッスンを展開中。
また大井町シブヤ楽器、東村山ムラコシ楽器では
Vocalレッスンも行っている。
Micを持った時の彼の左手には注目!
 
 
PJ (宮崎淳平) Tenor(テナー)
PJ
東京都出身。B型。
 
大学在学中に音楽活動を本格化し
ソロシンガーとして活動する。
 
20代半ばからボーカルグループに所属し
リードボーカルとコーラスを担当する。
年間100本以上のステージを踏む。
『題名のない音楽会』に出演。
CD3枚、DVD1枚をリリース。
 
グループ脱退後ソロで活動再開。
 
2010年から自身の活動と平行して講師活動も開始。
音楽をより追求するべくSound Of Joyに加入する。
 
 
 
 
 
 
 
 
Blacky(ブラッキー) Tenor(テナー)
blacky
小学生時代の大半をイランで過ごし、
現地の音楽に影響を受ける。中学で合唱部に入り
歌の世界に入る。高校でバンドのボーカルを
担当するようになり、洋楽を知る。大学で
ジャズサークルに入り、ジャズのみならず、ソウル、
R&B、ブラジル音楽、その他幅広く歌うようになる。
その後Gospel-TOKYOに入った事でGospelに接し
SOJ参加に繋がる。
 
現在はSOJの活動の他に東京近辺でピアノとのデュオで
Soul、Gospel、Rock、現代音楽、
ブラジル音楽等様々なジャンルの音楽を
Jazzのフィルターを通してスキャットを駆使しながら
表現する「僕たちの考える ジャズ」のライブ活動や
その他様々なコラボレーションを、また
ダイヤモンドユカイのソロアルバムへのコーラス参加を。
 
名古屋では「Gospel-J」での活動、ピアノとのデュオでGospel、Jazz、オリジナル
日本語曲等歌う「EBLAZA」
女性とのツインボーカル+ピアノデュオでアットホームなJazzを歌う「Black-Moca」
5人のボーカル+ピアノでGospel、Jazz、日本語曲等を歌う
(アカペラではベースを担当)「Seven Rays」での各ライブ活動
そして様々なコラボレーションにて歌う日々である。
 
 
渡辺 恵美子(わたなべ えみこ) Alto(アルト)
Emiko Watanabe
歌をこよなく愛する両親の影響で
3歳の頃から人前で歌う事を覚えご近所の星となる。
10代後半からロック、プログレ、ソウル
ポップスバンドのコーラスをやりながら
オリジナルバンド、コピーバンドのVocalとしても活動。
 
その後、音楽制作事務所に勤めていたこともあり、
デモテープやスタジオでの仮歌や
レコーディング・ディレクターとして音楽経験を積む。
 
今はすでに廃盤であるが1991年ビクターから
ユニット名「アイザックカンパニー」で
トヨタカップのテーマソング「Con Vida」でCDデビュー。
同時期に作詞家としてもデビュー。
 
現在は、Sound Of Joyの他、
Gospelクワイアとしても活動しながら、
楽譜の浄書を主にしたDTPオペレーターとして活躍中。
 
 
 
 
 
眞田 静(さなだ しずか) Alto(アルト)
Shizuka
愛媛県松山市出身。
 
4歳のころからピアノを始め
歌うことの楽しさを覚える。
12歳からボーカルレッスンに通い始め
地元のボーカルコンテストやイベントなどにも出場。
 
大学進学で大阪へ、在学中は軽音楽サークルに所属し
学業そっちのけでバンド三昧の青春時代を送る。
 
卒業と同時に上京
ヤマハ大人の音楽レッスンボーカル
ゴスペル講師として活動を始める。
またボーカル、コーラスとしてライブ活動も行っている。
ジャンルはロック、ポップス、R&B
ソウル、ジャズ、ゴスペルなど多岐に渡る。
 
 
 
 
 
三木 智子(みき ともこ) Mezzo Soprano(メゾソプラノ)
Tomoko Miki
幼少より音楽に目覚め
クラスメイトのピアノ教室についてまわる。
 
楽器がやりたくなり、小学校でトランペット
中学校でホルンを担当。 が、自分も歌いたくなり
ボーカルレッスンに通い始め、リーダーと出会う。
数々のバンドでバックコーラスとしてLiveを経験。
 
ゴスペル東京発足時より参加。
2004年秋よりヤマハPMSボーカル・ゴスペル講師として、
ヤマノミュージックサロン池袋、ヤマハ銀座ANNEX、
下倉楽器クレアーレ大宮、
スガナミミュージックサロン目黒にて活動中。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SAYURI(さゆり) Mezzo Soprano(メゾソプラノ)
Sayuri Iida
幼少からピアノに励み、小学校では合唱部に所属。
数々の催しで歌ったことで度胸が身に付き
人前で歌う楽しさを覚える。
 
R&Bやゴスペル音楽の力強さに魅了され
ヴォーカルレッスンに通い始める。
その後、仮歌レコーディング
バックコーラスを多数経験。
 
イギリス英語、文化、音楽に興味を持ち
2002年に渡英。
帰国後は精力的に音楽活動を再開。
 
現在はSOJで活動すると共にソロ
コーラスサポートなども行っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
石井 智子(いしい ともこ) Soprano(ソプラノ)
Tomoko Ishii
東邦音楽大学ピアノ科を首席で卒業。
卒業後、エラフィッツジェラルドや
ジュリーロンドンの歌声に魅せられ
ジャズ・ボーカリストを志す。
 
1998年、米国バークリー音楽学院の
ボーカルパフォーマンス科に、奨学生として入学。
在学中には英語の発音の良さを認められ
"Diction"(発音、発声)クラスの
教科書の発音のモデルとして抜擢される。
 
留学中は現地でライブ活動を行い
"The First Church In Malden"教会では
年間ソプラノ・ソリストとして専属パートを務める他
モルダン市内のブライアン音楽スクールに於いて
ボーカル講師を務める。
 
米国での積極的な音楽活動を経て、2003年6月に帰国。
帰国後はビッグバンド「ブルーコーツオーケストラ」の
5代目シンガーとして数多くのステージを重ね、
ジャズ、ポップス、ミュージカルなどの分野で幅広くコンサート活動を行う。
 
2006年11月、第一回さいたま新都心Jazz Vocal Contest では第一位、グランプリを受賞。
2012年5月、第13回神戸ジャズボーカルクウィーンコンテストに於いて、準グランプリを受賞。
その美しく澄んだ見事な歌唱力は多くのファンの心を捉えている。
 
top